二重に楽しめるメジャー作品

小説家伊坂幸太郎さんのグラスホッパーという小説を読みました。
この作品は2015年に映画化もされたほどで以前から気になっていたのですが、人から借りるチャンスがあったのでこの機に一気に読んでみました。
伊坂作品を読むのは初めてだったのですが、まさかそこが繋がってくるのかと驚かされるような巧みな伏線の仕込みや読者の感情を上手く誘導するような文章表現があり非常に面白いと感じました。
小説を読んだ後は本を貸してくれた友人に返しに行くその足でレンタルショップへ行き映画版のDVDを借りて視聴しました。
映画はかなり限られた時間的制約がある中でストーリーを展開するので登場人物や時系列に変更点が多くみられましたが、これもまた1つの作品としてしっかりまとまっていて良かったと思います。
これまであまりメジャーな小説を後追いでみることはなかったのですが、今回の件で小説も映像化作品も楽しめるというメリットを感じることができたのでこれからは食わず嫌いせずに積極的にメジャー作品にも触れていこうと思いました。男性でも使える女性のための育毛剤です