赤ちゃん絵本のセレクト

区の図書館へ行った。
もう直ぐ生後5ヶ月の息子に読む本を借りに。
いつも思うのだが、乳幼児向けの絵本の棚はなぜあんなに低いんだ…
子ども自身が選べるようにしてますっ!という優しさなのだろうが、正直親が選ぶときは辛すぎる。。。
タイトルも見えにくい、重なって小さい本は見えない、ましてや下の段なんてないものと思うしかない。
抱っこしままだとしゃがみにくくて、寝ている時に選ぼうもんなら…起きるよね。
と、毎回そんな不便さを感じながらも図書館へ通う。
私は本が好きだった。
たぶん読み聞かせなんてしてはもらってないが、図書館が好きだった。いつも本を読んでいた。
まだしゃべらない息子、カミカミしたり、ハイハイしたそうだったり、寝返りしたり、喃語を話したり。
まだ見えてないだろうなってころから読み聞かせってか、絵本読んだり見たり。今ではめくりたがって手を伸ばす。

赤ちゃんの絵本セレクト。
今はまだ私の好きなものばかりに目がいく。
棚が低くて早めに終わらせたくなる。
借りてきてなんだこれは…となることもある。
でも、息子が少しでも楽しそうだと私は嬉しい。
わかってるんだかわかってないんだか、それさえもわからないけれど一緒に読みながら感動したり笑ったり。
息子が大きくなって、あの低い棚から絵本を選んでくるその日まで、私は低い棚にしゃがんで「赤ちゃんの絵本」を選んでいこう。使って1ヵ月目で髪の密度が変わってきます